福岡市の分譲地(建築条件付注文住宅)・新築・ツーバイフォー住宅のことなら 株式会社 インター住宅

インター住宅

資料請求・お問い合わせはこちら

092-553-4737

長期優良住宅

長く残すための家、時代は「新築」から「保存」へ。

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、国の政策として「質の高い住宅を大切に使っていくことで、住生 活の向上及び環境への負担の軽減を図ることが重要である」という考えに基づき、「長期に渡り良好な状態で使用できるための措置がなされている」と認定された住宅のことをいいます。

2009/6/4に施工された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」により、一定の基準を満たした認定長期優良住宅は、税制面での優遇などを受けられます。

認定は所管行政庁(都道府県知事又は市区町村長)が行い、技術的審査は国土交通省の認定審査機関が行います。

現在、世界的な課題となっているCO2の削減において、建物の建設時に排出されるCO2の削減はあまり進んでいません。
欧米と日本の住宅の平均寿命を比較すると、欧米の住宅が50年以上なのに対して、日本の住宅の平均寿命は30年程度と言われています。
このことから日本の住宅の新築や建替えの周期が欧米と比べて短いことが分かり、それは建設に伴うCO2排出のペースも早いという事が言えます。
そこで、日本の政策として住宅の平均寿命の向上を図り「スクラップ&ビルド」から「ストック(保存)」の時代へ移行することで、環境負荷への影響を抑えようという動きが背景にあります。

長期優良住宅とは

長期優良住宅の認定基準

長期優良住宅には、厳しい認定基準が7つあります。

劣化対策

数世代にわたり住宅の構造体が使用できること。

耐震性

極めて稀に発生する地震(大地震)に対して、損傷しにくい構造強度を図ること。※地震力に対しては建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと。

維持管理・更新の容易性

耐用年数が短い内装・設備の維持管理を容易に行うために必要な措置が講じられていること。

可変性

居住者のライフスタイルの変化に応じて、間取りの変更が可能な措置が講じられていること。

バリアフリー性

将来のバリアフリー改修に対応できるよう、共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。

住戸面積

良好な住環境の維持のため、一戸建て住宅の場合、最低75㎡以上の住戸面積を有すること(1階部分は階段を除いて40㎡以上)

維持保全計画

維持保全の観点として、建築時から将来を見据えた定期的な点検・補修等に関する計画が策定されること。

このように、長く住み続けるために必要な性能やメンテナンスに対応し履歴を残していくことが長期優良住宅の認定基準として求められています。

長期優良住宅の優遇措置

税制面での優遇、長期固定ローン適応
長期優良住宅の普及措置の一環として、長期優良住宅として認定を受けた住宅は、住宅ローン減税や贈与税、固定資産税などの税制面の優遇や、金利の低い長期固定ローン(フラット35S〈20年引き下げタイプ〉)適応など様々な優遇があります。 上記については期限や一定条件がありますので、事前にお問い合わせください。

092-553-4737

WEBでのお問い合わせ

pagetop_btn
よくある質問
会社案内
マイホーム購入のすすめ
住宅ローンのポイント
スタッフブログ
採用情報